スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップライトまがいの様子

1月10日堆積仕込みの剪定チップの様子。(経過等はこちら

110426チップライト01

110426チップライト02
かなり乾燥しており、サラサラの状態。
発酵熱で水分は飛んでしまった様子。

110426チップライト03
雨が当たったりして湿った部分は菌糸がまわっている。
アク抜きが完了している証拠だろう。

110426チップライト04
水分が加わればすぐに菌床化する状態でスタンバイしているようだ。
乾燥状態を保てば保存性も良く、使い勝手がよいのではないだろうか。

110426チップライト05
4月14日に新たに堆積した剪定チップ(2次破砕・2.5トン)。
今回も米ヌカ等の添加をせず切り返しのみでアク抜きを行う。

110426チップライト06
絶賛発酵中。

110426チップライト07
左が新しいチップ山、右が発酵完了した山。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ウチのチップは・・・

発酵完了のチップと発酵中のチップは結構色が違いますよね。
ウチのいつまでも発酵しないチップ、もうそのまま使い始めています。
さて、どうなる事やら・・・

ちゃありぃふぉとさん

発酵が進むにつれてだんだん色が濃くなってきますね。

僕の所も、1次破砕の粗いチップはあまり温度が上がりません。
粒子の粗さ(チップの表面積)とかが関係するのではないかと思いますが、この辺り、興味深いですね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。