スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堆肥全体のC/N比の算出方法

針葉樹のオガクズなどから生育阻害物質を抜く方法についての補足説明。

堆肥全体のC/N比については以下の数式で算出。

(C重量*C炭素率+N重量*N炭素率)/(C重量*C窒素率+N重量*N窒素率)

C:高炭素資材(木質チップやオガクズなど)
N:添加資材(鶏糞や米ぬかなど)

ここで算出したC/N比はあまり厳密に考えずおおよその目安程度にとらえる。

なお、発酵が進めば進むほどC/N比は下がっていくので、堆積時のC/N比を40近くに調整したり、発酵期間を長く取りすぎるとせっかくの資材が肥料化してしまうので注意が必要。


<資料>

『地域バイオマスの賦存量を把握するための基礎データ一覧』
(http://www.nkk.affrc.go.jp/soshiki/soshiki04-sogo/07_shigenjyunkan/pdf/basic_data.pdf)

* 各種資材の含水率、炭素率、窒素率が一覧になっていて便利
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。