スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の田んぼでコンバイン故障(2010.11.9)

11月9日、最後の田んぼの稲刈りでコンバインが故障。

101109コンバイン修理01
いつもお世話になっている農機具屋さんがすぐ来て下さり修理を試みるも、かなり分解しないと故障部分の修理が不可能と判り修理工場へ入院となる。

101109コンバイン代車01
工場へ入院となると修理が終わって戻るまでに早くて数日、遅ければ1週間以上かかるのでそれでは困るでしょうということで農機具屋さんが代車を持ってきて下さり、今年の稲刈り何とか終了。

この代車コンバイン、最新モデルだけあって機動性は軽快そのものである上に脱穀もかなり精度が高く、技術開発は日進月歩であると実感した。
ちなみに値段を聞くと約400万円なり。
米、どれだけ売ったら買えるんだ????(滝汗)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

すごい値段だ…

最新鋭コンバインは400万円!
めちゃくちゃ高級車ですね(^-^)
それでもお米農家さんには必須なんでしょうね。
他の田圃の刈り取りを請け負うというのはどうでしょう?

ちゃありぃふぉとさん

業者が使う6条刈り98馬力コンバイン(なんとエンジンはターボ付!)は1,200万円也です。家が建ちます(笑)

他の田んぼの請負というのは一つの選択肢としてアリですが、それですとかなり耕作面積増やさないといけないので稲作専業になっちゃうんですよね~
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。