スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炭素循環農法について簡単な説明

炭素循環農法について、ぼくの理解の範囲で説明いたします。

炭素循環農法とは、自然が草木を育てる仕組みを解説し応用したものです。

自然の野山では誰かが肥料を与えたわけではないのに草木が育ちます。

これは落ち葉や枯れ草、朽ち木などをキノコ菌が分解することから始まる微生物の食物連鎖によって生み出される養分によって草木が養われるためです。

つまり、土壌微生物にとって快適な環境を整えることで彼らに作物を育ててもらおうというもので、ここから逆算して必要な環境とはどんな状態なのかということを考えていきます。

キノコ菌をはじめとする土壌微生物は我々人間と同じように酸素呼吸をする生き物ですから、まず最も大切なのは空気です。
畑に畝を立てたり排水溝を掘ることの目的はここにあります。

次に大事なのは微生物が働くためのエサで、炭素分を多く含む有機物です。
これは落ち葉やもみ殻、稲ワラなどで、野菜くずや米ぬかなどの腐りやすいものはキノコ菌などの働きを邪魔するので直接土に入れないようにします。

基本部分はこれだけです。
この部分をふまえつつであれば、それぞれの環境で様々な応用が可能だと思います。
関連記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。