スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サトウキビの絞りかすをネギ畑に敷く

先日のイベントであおぞら自然農園さんから頂いたサトウキビの絞りかすをネギ畑に並べました。

101027サトウキビ絞りかすをネギ畑へ01

101027サトウキビ絞りかすをネギ畑へ02

101027サトウキビ絞りかすをネギ畑へ03

この後、この上に軽く土をかける予定です。

収穫したサトウキビを絞りそこから得られたジュースを人間が頂き、そのかすの軟らかい部分をヤギが食べ、さらにその残りを畑の菌達が食べてネギを育てる。
サトウキビは捨てるところが全くありませんね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
サトウキビの搾りカスを有効利用していただき、ありがとうございます。

サトウキビは、葉っぱは染物の染料になるし、
搾りカスは和紙になったりと、本当に万能の植物です。

土に還してあげれば、きっと菌や微生物は喜ぶでしょう。

Newイチローさん

染料に和紙とは工業資源的な面も持つのですね。

きっと美味しいネギを育ててくれると思いますので、収穫したらお持ちしますね(^^
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。