スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チップ工場

いつも剪定チップを取りに行く工場です。


剪定枝を粉砕して堆積場まで送る機械。


一次破砕、二次破砕と分けて堆積してある。
スポンサーサイト

木質チップを使いこなすにあたっての予備知識

木質チップを使いこなすにあたって、堆肥化の際に植物体はどのような経路をたどって分解され養分化していくのかを知っておきたい。
良い堆肥生産のポイント(2)─ 微生物の働きを生かす堆肥の作り方 ─ (藤原 俊六郎)を読むと、植物体は以下の3つの段階を経て分解されるようだ。

**以下、上記サイトから引用改変**

(1)糖分解期

まず、糖やアミノ酸などの易分解性物質が分解される。分解は好気的に行われ、生育の早い糸状菌や好気細菌が主として活動し、この過程で活発に増殖する微生物の呼吸熱によって発熱が起こる。

(2)繊維分解期

温度が高まるとセルロースやヘミセルロースが分解される繊維分解期となる。セルロースは、リグニンやへミセルロースで保護されており、なかでもへミセルロースは、セルロースとリグニンの結合組織的役割をもっている。

この時期は、堆肥の温度が60℃以上になり、他の一般の微生物は活動できず、ごく限られた種類の高温菌が働く。高温性好気性の放線菌(サーモアクチノミセテス等)によってへミセルロースを分解し、セルロースをむきだしにする。このとき酸素を盛んに消費するため周囲が酸素不足となり、そこに嫌気性のセルロース分解菌(クロストリジウム等)の働く場ができる。このようにして好気性菌と嫌気性菌の役割分担が成り立ち、繊維質の分解が進む。

(3)リグニン分解期

堆肥の温度がゆっくりと下がる。このころからリグニンの分解が始まる。リグニン分解は主としてキノコ(担子菌)の仕事だが、この時期は繊維成分の中間分解物があり、堆肥の品温も低下して他の微生物も生育しやすい環境となっているため、多種類の微生物が活動する。さらに、微生物が多くなると、それを食べる小動物が現われ、トビムシやミミズも見られるようになる。


このように、易分解性物質から始まり、ヘミセルロース、セルロース、リグニンと順次分解されて、それに関与する微生物もそれぞれに適合したものに変化していく。すなわち、微生物は単一種ではなく、多くの種類の微生物によって堆肥が作られる。そして、その菌は自然界に広く分布しているため、どんな堆肥でも似たような微生物変化が起こる。


**引用以上**

剪定チップの発酵工程を変えてみる

今年に入ってからの剪定チップの発酵の仕方(切り返しをしながら3ヶ月程度60℃台を維持)で出来上がったチップ堆肥は、生のチップとは違い発芽を阻害するようなことはないものの、野菜の初期生育にとってややマイナス作用を持つような印象があるので、チップの発酵工程を変えてみることにした。

110520チップ2次発酵01
4月14日堆積のチップ山。

110520チップ2次発酵02
5月1日に切り返しをして、こんな感じ。
生チップの時特有の強い匂いは抜け、ほぼ無臭。
中心部の温度は64℃。

110520チップ2次発酵03
今まではここで切り返しをしていたが、今回は厚さ40センチ程度に拡げ、温度を下げる。

110520チップ2次発酵04
チップ山を拡げた翌日の温度。
43℃。

今までは60℃台の高温発酵を維持するやり方をしたが、今回は60℃台の高温発酵を約1月、次に30~40℃台の中温発酵を1月程度とする2段階発酵工程を行う。

原理については成功したら説明します(笑)
多分これで生チップが菌床になるはず。

チップライトまがいの様子

1月10日堆積仕込みの剪定チップの様子。(経過等はこちら

110426チップライト01

110426チップライト02
かなり乾燥しており、サラサラの状態。
発酵熱で水分は飛んでしまった様子。

110426チップライト03
雨が当たったりして湿った部分は菌糸がまわっている。
アク抜きが完了している証拠だろう。

110426チップライト04
水分が加わればすぐに菌床化する状態でスタンバイしているようだ。
乾燥状態を保てば保存性も良く、使い勝手がよいのではないだろうか。

110426チップライト05
4月14日に新たに堆積した剪定チップ(2次破砕・2.5トン)。
今回も米ヌカ等の添加をせず切り返しのみでアク抜きを行う。

110426チップライト06
絶賛発酵中。

110426チップライト07
左が新しいチップ山、右が発酵完了した山。

剪定チップ山の切り返し

1月10日に配達してもらった剪定チップの切り返しや検温の様子を紹介。

20110126チップ切り返し01
1月26日 1回目の切り返し

20110127チップ温度01
1月27日 内部温度64℃

20110220チップ温度(しんこうじ・1月10日堆積)
2月20日 内部温度54℃
15日頃には50℃台まで下がっていたので、この頃に切り返しをすると良かったが、ハウスを建てたりしていたので出来なかった。

20110302チップ切り返し01
3月2日(以下同日)

20110302チップ切り返し02
内部温度44℃

20110302チップ切り返し03
内部の様子。全体に白いカビのようなものが回っている。

20110302チップ切り返し04
同じく内部の様子

20110302チップ切り返し05
においをかぐと、カビ臭の中にほのかな甘い香りが混ざった感じ。セルロースが糖化されているのだろうか

20110302チップ散布01
なんとなくもう使っても良さそうな気がしたので、ネギ畑に散布
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
twitter
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。